学校生活を豊かにする方法 就職活動・履歴書

【若いうちにしておけばよかったこと】第1弾 Barを知る~Barの基礎知識 編~

バーに行くってハードル高くない?
でも実はそんなことなくて、
もっと若い時に知っとけば良かったと後悔してる
ということで、25歳からバーにハマって5年経った今、
みんなに伝えたい
バーの基礎的知識
おすすめのカクテル を紹介していくよ!
今回はとりあえずバーの基礎的知識から!
バーが気になってた人はこれを機にデビューしてみよう!

スポンサーリンク

バーの基礎的知識

実はそんなに敷居高くない

敷居高くないって語弊があるかもしれないけど、
未経験者が 思ってるよりは敷居高くない よって言いたい。

そんでバーにも種類があって

①オーセンティックバー
 いわゆるイメージのバー。
 落ち着いた雰囲気でガチマスターがいる場所

②ショットバー
 1杯ずつオーダーするタイプのバー。
 これはオーセンティックバーにも当てはまるから、
 明確な線引きはないみたい。

③コンセプトバー
 音楽、映画、マジックなどとお酒を掛け合わせた、
 コンセプトバーと呼ばれる店もある。

大体こんなもん。
実際細かく分けるとたくさんあると思うけど、大体こんなもんだと思う。

そして今回 お勧めするのは①と②のいわゆるバー と呼ばれる場所。
この中にもまたガチガチとそうでもない場所があって
これは正直 行ってみないと分からない
正直店によると思う。

普通はそんな敷居高くないところが多いと思うけど、
東京の青山にあるRadioっていうバーに行った時はやばかった。
やばいって言うのはいい意味でね。
めちゃくちゃオーセンティックでみんなスーツ着ててもう何頼めばいいか分からなくてw
しかもその時まだバーデビューして間もなかったからもう怖くて怖くてw
でも行ったことない人はそんなイメージかなと思う。

結局怖がらせてるやんw
でも大丈夫!
一回入って怖かったら違う店探せばいいからw
入ってみないと分かんないから入ってみよう。
そこはもう一回入ってみてくれ

酒に強い弱い関係なく行ける

バーは酒飲むところだから酒好きしか行けないと思いがちだけど、
ノンアルコールもあるし、アルコール度数別にもめちゃくちゃ種類あるから
酒強くなくても行ける。

行く相手が酒強ければ強いの飲めばいいし、弱ければ弱いの飲めばいいし、
誰でも行ける最強の場所だと思う。
ガヤガヤしてないところが多いから、話したいって時もいい

最高じゃねえか

人数は小人数がおすすめ

席数も多くなかったり、従業員もあまり多くないところがあるから、
個人的には多くて4人
1人もしくは2人がベスト、次は3人、Maxで4人って感じ。

もちろん店の規模にもよると思うけど、
今まで行った店は大体それくらいが良さそうだった。

一人でもいける

ひとつ前に書いたようにバーと1人はめっちゃ相性いい
行きたくもない職場の飲み会とかに行って飲み足りない時に最高!
1人で来ても普通な場所だから、1人でいても違和感がない

そこでバー友みたいなのができることもあるしね。
マスターと話してもいいし、1人で携帯触ってもいいし。
何でもありで結局最高

2~3杯は飲む 

実際関係ないという話もあるけど、
1杯だけだと失礼になるって聞いたこともある。
店によってはあまりよく思わないかもしれないから、
とりあえず2杯くらい飲むといいかも。

もう行かないなら1杯でもいいかもしれないけどね。

1杯目は弱めの酒、2杯目から強めの酒

これも好きにすればいいんだけどセオリーはこうらしい
もちろん強くない人は2杯目以降も弱めでOK。
弱いのとか強いのとか分からない、
そもそも頼み方が分からなって人は次へGo!

何飲んだらいいか分からない時はマスターに聞いてみる

最初は本当にどう頼めばいいかも分からなくて
連れて行ってくれた人と同じものをひたすら飲んでた

でも、1人でデビューするんだ!って人も大丈夫!
マスターにお任せしよう!

頼み方はこれ↓
「バー初心者で何頼んだらいいか分からないんですけど、
何か飲みやすいロングカクテルお願いできますか?」

そうすると多分
「甘いのがいいですか?」
とか
「好きなフルーツはありますか?」
とかマスターが聞いてくると思うから、
素直に答えればOK

もうこれで一発よ!

何も聞いてこないパターンもあるからびっくりしないでいいからね。

俺も初期はこれで何回も乗り切った。

ここで出てきたロングカクテルなんだけど、

カクテルっていろいろ混ぜたお酒の事で、
氷が入ってないショート氷が入ったロングってのがあって、
こんな感じ。左がショートで右がロング(Bar紀行.netより)

基本的に左のショートカクテルはアルコール度数が強くて、
右のロングカクテルが弱い

だから最初に頼む時は、
「何か飲みやすいロングカクテルお願いできますか?」
みたいな頼み方がベストだと思う。

これで行ってみて、変な感じだったら苦情コメントくださいw

飲みたいお酒を知ってる人や調べた人は、
それをお酒の名前をマスターに伝えてね。

まとめ

今回は個人的に思うバーの基礎的知識を書きました!
次回はいよいよおすすめカクテル紹介
めちゃくちゃあるけど、初心者にお勧めのカクテルだけ紹介するよ!

これを機にバーデビューしてみてね 🙂

よかったらコメントくださーい!

Bye!

コメント

タイトルとURLをコピーしました