ブーム再燃中 初心者におすすめな レコード プレイヤーたち

51-レコードのアイキャッチ 就職活動・履歴書・就職後について

ブログに来てくれてありがとう!
このブログの勉強以外を担当してる”ダラ”だ。
今回はここ何年かブーム再燃中の レコード についての記事だよ。
みんなと一緒にレコード談義したいぜ!

勉強だけやってても人生楽しくない!
今日は新たな趣味としてレコードの魅力を存分に感じていきたいね!

アナログレコード 再ブーム到来

時事.comの記事によるとレコードにはこんな推移がある。

日本 レコード 協会(東京)によると、レコードの生産枚数は1970年代後半に年間約2億枚と全盛を極めたが、CDの台頭により2009年には約10万枚に減少。そこから増加に転じ、19年は約122万枚まで盛り返した。

時事.com

でもなんでそんなに人気になったんだろうね。

これは俺の予想だがサブスクで音楽が聴ける身近になったからこそ、こういうノスタルジーなものが好まれてるんじゃないかな。
実際俺もこのノスタルジーな雰囲気、煩わしさが逆に良くて聞いてる。

たしかにいつもだと面倒だけど、そういうのもたまにはいいよね。
でも レコード って聴くために 色々買わないといけないから面倒 なイメージなんだよなあ。

それは違うぞ。時代は進んでる。
その辺を見ていこう。

買ってすぐに聞けるレコードプレーヤーたち

本来レコードを聴くためには以下のようなものが必要です。

  • レコードプレーヤー
  • 針(カートリッジ)
  • フォノイコライザー
  • アンプ
  • スピーカー

いやー!分からない!

でも大丈夫です!

今はレコードプレイヤーを一つ買うだけですぐに聞けるものがたくさんある。
しかも結構安いぞ。
とりあえずレコード聞いてみたい!って人はそれだけ買えばすぐに聞けるぞ。

もちろん音質にこだわればアンプやスピーカーなど高価なものを揃えるのもありです。

でも今回は手軽にレコードを楽しんでもらいたい

ということで手軽に買えるレコードプレーヤーを紹介します。

ION Audio Max LP レコードプレーヤー

↑写真は複数枚あります。スライドしてね。

正直もうこれでいい。
ていうかこれがいい
1万円以内 で買えてカバーまでついてるからね。
しかもデジタルに音源変換もできるぞ。
俺もこれを買って、今もこの記事書きながらイヤホン繋いで聞いてるよ。

たしかに見た目かわいい・・・
何かおしゃれ・・・

ION Audio Archive LP レコード プレーヤー 

↑写真は複数枚あります。スライドしてね。

さっきと一緒じゃん!

違う!
最初のと同じブランドだけどカバーが無いね。
他にもこっちは足がついてるけど最初のMAX LPには足がついてない。
このブログ で写真付きで違いが見れるから見てみてくれ。

大体は一緒ですが、見た目が違うので、見た目で選んでください。

こういうのは見た目がめちゃくちゃ大事です。
いかにおしゃれか、そこが大事です。

あと こっちの方がちょっと安い です。

ION Audio レコード プレーヤー スピーカー内蔵Bluetooth USB へッドホン端子 オートリターン機能 Premier LP

なんかスタイリッシュだ・・・・
かっけえ・・・

そう。結局見た目だ。
見た目で選べば気に入る。
確かにこれはスタイリッシュだしBluetoothでスピーカーと繋ぐこともできる。
もちろんスピーカーは内臓だからそのままでも聴けるぞ。
スタイリッシュで機能も追加されてるから少し他より値段は上がるな。

こちらはアマゾン限定の商品なのでAmazonをチェック!

レコードのジャケットがカッコイイ

レコードの良さは単純にレコードがかっこいい。
そして ジャケットがカッコイイ ってとこ。
アーティストによってはレコードのジャケットだけ他と違う のもあるからそりゃ買うよね。
俺が持ってるレコードの一部をのせるよ。

たしかにカッケエ・・・
しかも「ずっと真夜中でいいのに」とか「kojikoji」とか 最近のアーティストもある んだな。

俺の最近のお気に入りは「ずっと真夜中でいいのに」のアルバム。
今も聴きながらこれ書いてる。
最高だぜ・・・

まとめ

今回は値段別に初心者でもすぐに楽しめるレコードプレーヤーを紹介していきました。

普段サブスクで聞き流している音楽を週末はちゃんと聴いてみるってのもアリですね。

今日紹介したレコードプレーヤを使ってぜひ 優雅な休日 を過ごしてください!

もし気に入ればスピーカーにこだわったりアンプにこだわったりするのも最高ですね。

自分に合う最高の趣味を見つけていきましょう!

それではBye!

マンガを読みながらレコードをかけるのも最高!
おすすめのマンガはこちら!

コメント