PR

臓器の重さ とその覚え方。覚えるべき3つのポイント

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は国試に毎年出る【 臓器の重さ 】について。
やみくもに覚えるよりもここの効率良い覚え方を試してね。

\病理の国試対策本が出ました!/
重さを覚えるときのポイント
  1. 覚えるべき臓器を知る
  2. それぞれの大まかな重さを知る
  3. 重い順に段階で覚える

この3つを解説していきます。

覚えるべき臓器

ここ10年以上の過去問から以下の6つを覚えれば対応できる。

  1. 肝臓
  2. 心臓
  3. 脾臓
  4. 腎臓

まずはこれを覚えて余裕があれば他の臓器を覚えるようにする。

各 臓器の重さ を知る

必要な臓器が分かれば次はその重さを覚えよう。


  1. 1,000g
  2. 肝臓
    1,000g
  3. 肺(片方)
    500g
  4. 心臓
    250g
  5. 脾臓
    250g
  6. 腎臓
    250g

実際の重さには幅がある。
例えば肝臓は1000g~1500gなど。

試験対策のためにはしっかり覚えるのではなく「大体これくらい」で覚えるのがおすすめ。

重い順に段階で覚える

ここまで出た臓器と重さは重い順に大体半分になっている。

少しの誤差は気にせず大体これくらいだと覚えよう。

臓器の重さ 練習問題

これを踏まえたうえで練習してみよう!
どれくらいの誤差だったら大丈夫かなどに着目してね。

Q1.正しい組み合わせはどれか。

  1. 脳 ー 1,200g
  2. 心臓 ー 1,000g
  3. 肝臓 ー 2,500g
  4. 脾臓 ー 300g
  5. 腎臓 ー 500g
答えはここをクリック

1.脳 ー 1,200g

Q2.正しい組み合わせはどれか。2つ選べ。

  1. 心臓 ー 150g
  2. 右肺 ー 900g
  3. 肝臓 ー 1,100g
  4. 脾臓 ー 500g
  5. 左腎 ー 140g
答えはここをクリック

3.肝臓 ー 1,100g
5.左腎 ー 140g

コメント