【 PAS染色 】の全て。これを覚えないと国試は無理!

PAS染色 検査技師国家試験対策

MT・CTのどっとゼブラです。
今回は PAS染色 について。
これはかなり高頻度で出題される染色。
しかも色んな事を聞いてくる。
この記事で PAS染色 をマスターして数点上げよう!

PAS染色 のポイント

PAS染色 は以下の5点を覚えましょう。

  1. 原理
  2. 試薬
  3. 何を染めるか
  4. どの組織が画像問題で出るか
  5. ジアスターゼ消化試験

これを覚えれば模試にもある程度対応できます。

一つずる確認していきましょう。

PAS染色 の全体像

染色は全体の流れを何となく把握すると理解しやすくなります。
サラッと見ておきましょう。

  1. 脱パラ・脱キシ・親水
  2. 流水水洗から蒸留水
  3. 1%オルト過ヨウ素酸水溶液
    (酸化)
  4. シッフ試薬
    (呈色)
  5. 亜硫酸水
    (分別)
  6. 流水水洗
  7. マイヤーのヘマトキシリン
    (核染色)
  8. 流水水洗
  9. 色出し
  10. 脱水・透徹・封入

PAS染色 の原理

PAS染色 の原理はシンプルです。

①過ヨウ素酸で酸化

②アルデヒド基が出現

③シッフ試薬で呈色

PAS染色

この①酸化②アルデヒド③呈色の流れと同じ(似た)原理が5つあります。
合わせて覚えておきましょう。

  1. PAS染色
    過ヨウ素酸で酸化

    アルデヒド基が出現

    シッフ試薬で呈色
  2. PAM染色
    過ヨウ素酸で酸化

    アルデヒド基が出現

    メセナミン銀液で呈色
    PAM染色の詳細はこちら
  3. Grocott染色
    クロム酸で酸化

    アルデヒド基が出現

    メセナミン銀液で呈色
  4. Gridleyグリドリー染色
    クロム酸で酸化

    アルデヒド基が出現

    シッフ試薬で呈色
  5. Feulgenフォイルゲン反応
    1N塩酸で加水分解

    アルデヒド基が出現

    シッフ試薬で呈色

PAS染色 の試薬

これは原理と名前の意味を覚えると覚えやすいです。

PASの原理は
【酸化してシッフで呈色】なので主な試薬は酸化液の過ヨウ素酸シッフです。

シッフ試薬は組成も覚えておきましょう。

シッフ試薬の組成
  1. 塩酸
  2. 塩基性フクシン
  3. 亜硫酸水素ナトリウム
    (重亜硫酸ナトリウム)

シッフ試薬は
塩基性フクシンを含むこと
赤く染まること

この2つも覚えておこう

PAS染色 の名前

PAS染色の名前の意味も見てみましょう。

PASの【PA】はperiodic acid(過ヨウ素酸)
PASの【S】はSchiff(シッフ)

の意味です。
試薬の名前がそのまま名前になっています。

こういうのが分かると覚えやすいですね。

PAS染色 は何を染めるか

PAS染色 はある程度何でも染まります。

グリコーゲン、糖蛋白、糖脂質、細網線維、刷子縁、基底膜、コロイド、軟骨、好中球、不飽和脂肪酸、アミロイド、赤痢アメーバ、真菌 など

多すぎるからまずは次の5つを覚えよう!

  1. グリコーゲン
  2. 上皮の粘液
  3. 基底膜
  4. 赤痢アメーバ
  5. 真菌

この5つは必須です。
これを覚えたら他のものも覚えましょう。

どの組織が画像問題で出るか

特染の画像問題は臓器の種類で染色が大体決まります。

問題文に次の臓器名があり、赤く染まる場合はPASを考えましょう。

  1. 腎臓
    基底膜が染まる
  2. 肝臓
    グリコーゲンが染まる
  3. 大腸
    粘液または赤痢アメーバが染まる

  4. 粘液または印環細胞癌が染まる

  5. 真菌が染まる

この組み合わせで大体の試験はいけます。

ジアスターゼ消化試験

PAS染色が染める物質の中にグリコーゲンがあります。

グリコーゲンがあるか確認したいと思いPAS染色を使うと以下のようになります。

PAS染色

そういう場合にはジアスターゼ消化試験が行われます。

ジアスターゼ消化試験とは

唾液やジアスターゼ(アミラーゼ)を使ってPAS染色前にグリコーゲンを消化することです。

ジアスターゼ

この酵素で消化試験を行えばPAS染色に染まったものがグリコーゲンかそれ以外かを鑑別できます。

PAS染色

ジアスターゼで消化されないグリコーゲン以外の物質は以下のように表記されます。

  1. ジアスターゼ抵抗性PAS陽性物質
  2. ジアスターゼ消化PAS陽性物質

2.は「ジアスターゼ消化試験したけどPASに染まる」つまり消化されていないという意味です。

少しややこしいので気を付けましょう。

コメント