検査技師のための【 アザン 染色 】これをしらないと始まらない

AZAN染色 検査技師国家試験対策

MT・CTのどっとゼブラです。
今回は頻度が高い染色の一つである アザン 染色 。
必ずポイントをおさえておこう!

アザン 染色 のポイント

アザン 染色 は原理を覚えておきましょう。

原理を覚えればどんな国家試験の問題にも対応できます。

アザン 染色 の全体像

染色は全体の流れを何となく把握すると理解しやすくなります。
サラッと見ておきましょう。

  1. 脱パラ・脱キシ・親水
  2. 10%重クロム酸K・10%トリクロロ酢酸の等量混合液
    (媒染)
  3. アゾカルミンG
    (染色)
  4. アニリン・アルコール
    (分別)
  5. 酢酸アルコール
    (分別停止)
  6. 5%リンタングステン酸またはリンモリブデン酸水溶液
    (媒染)
  7. アニリン青・オレンジG混合液
    (染色)
  8. 無水エタノールまたはイソプロピルアルコール
  9. 透徹・封入

アザン 染色 の原理

アザン 染色の原理で重要なポイントは3つです。

  1. 媒染剤
  2. 染色液の分子量
  3. 分子量と対象物の密度

媒染剤

媒染剤とは染色性を安定させる物質

アザン 染色の媒染剤は2種類あります。

  1. 10%重クロム酸カリウム・ 10%トリクロロ酢酸 等量混合液
    もしくはブアン
  2. リンタングステン酸またはリンモリブデン酸

1はアゾカルミンGの染色性を安定させます。

2はアニリン青の染色性を安定させます。

そのため
1はアゾカルミンGの前に使用。
2はアニリン青の前に使用します。

もう一度一つ前の項目の全体の流れを確認してみましょう。

染色液の分子量

アザン 染色は色素の分子量が影響しています。

AZAN染色の分子量

このように3種類の色素が使用され、それぞれ分子量が違います。

これが対象物の密度と関連を示します。

分子量と対象物の密度

細胞は密度が一定ではなく、様々です。

この密度の違いと色素の分子量の違うを利用して染め分けます。

構造が密な赤血球にはオレンジG(一番小さい)が入る。

中密度の筋線維、細胞質、核はアゾカルミンGが入る。

低密度な膠原線維、細網線維、糸球体基底膜にはアニリン青が入る。

AZAN染色の染まり方

ここまでを踏まえたうえで、染色結果を見てみましょう。

アザン 染色 の染色結果と国試で出るもの

国家試験の画像問題で アザン 染色が出る場合は以下の3つだけです。

  1. 腎臓
  2. 肝臓
  3. 心臓

腎臓

肝臓(肝硬変)

心臓(心筋梗塞)

下右画像はMasson Trchrome染色だが、同様の染まり方をする。

参照:病理コア画像 https://pathology.or.jp/corepictures2010/03/c02/08.html
左:HE染色 右:Masson Trichrome染色

コメント