プロテイン銀で神経原線維を黒に染める!【 ボディアン 染色】

ボディアン 検査技師国家試験対策

MT・CTのどっとゼブラです。
今回はプロテイン銀で神経原線維を染める Bodianボディアン 染色について。
3つのポイントをおさえて国試に挑もう!

Bodianボディアン 染色のポイント

Bodianボディアン 染色のポイントは3つです。

  1. 切片の厚さ
  2. 銀液と温度
  3. 何を染めるか

一つずつ確認してみましょう。

Bodianボディアン 染色の全体像

染色は全体の流れを何となく把握すると理解しやすくなります。
神経系の染色は加温するなど工程も大事です。
サラッと見ておきましょう。

  1. 切片を厚めに切る
    (8~12μm)
  2. 脱パラ・脱キシ・親水
  3. 1%プロテイン銀37℃加温
    (染色)
  4. ハイドロキノン・硫酸ナトリウム
    (還元)
  5. 0.5%塩化金水溶液
    (調色)
  6. 2%シュウ酸水溶液
    (調色)
  7. 5%チオ硫酸ナトリウム
    (定着)
  8. 脱水・透徹・封入

Bodianボディアン 染色の切片の厚さ

通常の切片は3~4µmです。

しかし Bodianボディアン 染色は8~12µmで厚めです。

神経系の染色は厚めに切る】と覚えておきましょう。

Bodianボディアン 染色の銀液と温度

Bodianボディアン 染色ではプロテイン銀を使用します。

Bodianボディアン染色は

ボディ(体)だからプロテイン
と覚えましょう

また、銀液使用時は大体加温します。
今回は37℃。

Bodianボディアン 染色は何を染めるか

プロテイン銀で神経原線維を染めます。

そもそも神経原線維とは何かを確認しましょう。

神経原線維とは

神経原線維とはニューロフィラメントと神経細管でできた線維です。

神経細胞体や神経突起の中を走行します。

神経細胞体や突起が分からない人はこちら

これを染めることによって神経原線維の異常が分かります。

有名な疾患として

  • アルツハイマー病(老人斑)

などの検出に使えます。

この老人斑はアミロイドβが神経細胞外に沈着したものです。

Bodianボディアン染色 老人斑の画像
出典:富士フィルム和光純薬HP https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/product/detail/W01W0119-1810.html

コメント