何を染めるかだけ覚えよう!ホルツァー 染色と カハール 染色

カハール & ホルツァー 検査技師国家試験対策

MT・CTのどっとゼブラです。
今回は神経系染色の Holzerホルツァー 染色 と Cajalカハール 染色 について。
覚えるのは何を染めるかだけ。

Holzerホルツァー 染色と Cajal カハール染色のポイント

この2つの染色は1点だけ覚えましょう。

  1. 何を染めるか

これだけ覚えれば大体はいけます。

Cajalカハール 染色に関してはアンモニア銀を使うことも一緒に覚えたいです。
しかし、まずは何を染めるかから覚えましょう。

Holzerホルツァー 染色と Cajal カハール染色は何を染めるか

それぞれ似たようなものを染めます。
厳密にいうと別物です。

Holzerホルツァー染色

神経膠細胞(グリア細胞)

Cajalカハール 染色

星状膠細胞

Cajalカハール染色が染める星状膠細胞もグリア細胞の一種です。

ではグリア細胞とは何なのかを見てみましょう。

グリア細胞とは

中枢神経に存在する神経細胞以外の細胞のこと。

主に次の4つがあります。

  1. 上衣細胞
  2. 星状膠細胞
  3. 希突起膠細胞
  4. 小膠細胞

この4細胞の総称がグリア細胞です。

中枢神経ではグリア細胞が神経細胞の10倍程度存在すると言われます。
これらの細胞は神経細胞を支え、栄養したり代謝したりもしています。

神経系がよく分からない人はこちらも確認

コメント