2022-12

検査技師国家試験対策

【 PAM染色】腎臓で黒色が出たらこれだけ

今回は PAM 染色について。この染色のポイントは①切片の厚さ②原理③試薬④染まるものの4つ。どれ一つもかけてはいけない重要な4つなので検査技師国家試験を受ける人は必ずおさえよう。細胞診受験者は胞巣状軟部肉腫との関連も覚えよう。
細胞診試験対策

細胞診過去問解説集。多忙なあなたが最安かつ効率よく合格するために

細胞診の筆記過去問解説集を作成しました。毎日仕事や家事やほかの勉強で多忙な皆さんが効率よく勉強できるように細かく問題を分野別に分けています。今回はこの解説集の特徴や使い方などを紹介。試験まで一緒に頑張りましょう!
検査技師国家試験対策

粘液 系の4つの染色まとめ

今回は粘液系の染色4種類(PAS、アルシアン青、ムチカルミン、トルイジン青)の記事を一か所にまとめた記事です。簡潔に書いているので右も左も分からない人にもおすすめ。粘液系染色は出題頻度が高いので必ずチェックしておきたい。
Uncategorized

【トルイジン青 染色】とメタクロマジーを示す染色

今回は トルイジン青 染色について。この染色はほぼメタクロマジーについて覚えておけば大丈夫。メタクロマジーとは色素本来の色とは異なる染色性を示すことを指し異染性とも呼ばれる。メタクロマジーを示す染色や物質は何があるかここで確認しておこう!
検査技師国家試験対策

【 ムチカルミン 染色 】染めるのは粘液だけじゃない

今回はムチカルミン染色の解説です。この染色は覚えることが少なく、何を染めるかだけです。染めるもの2つだけ覚えて国家試験に挑みましょう。
検査技師国家試験対策

【 アルシアン青 染色 】国試に必要な原理と特徴。

この記事では アルシアン青 染色のポイントを解説しています。アルシアン青染色は画像問題でも出しやすく、実際過去にも出題されています。その特徴はpHの変化によって染色対象が変わるという原理にあります。プラス何が染まるかという点も覚えておきましょう。
検査技師国家試験対策

【 PAS染色 】の全て。これを覚えないと国試は無理!

今回は PAS染色 について。PAS染色は国家試験で高頻度に出題される染色の一つ。その理由として分かりやすい特徴が多いという点が挙げられる。ただ逆にそれさえ覚えれば点を取れる可能性が高まる。確実にここはおさえておこう。
検査技師国家試験対策

神経系の染色 の5種類をまとめて簡潔に解説!

今回は国家試験に必要な神経系の染色5種類をぎゅっとまとめました。できるだけ簡潔に、本当に大切なところだけを抜粋しています。これはさすがに覚えてないとヤバい!必ず覚えて国家試験に挑んでください。
検査技師国家試験対策

何を染めるかだけ覚えよう!ホルツァー 染色と カハール 染色

今回は ホルツァー 染色と カハール 染色について。あまり聞きなじみのない染色かもしれないけど覚えることが少ないので必ず覚えてほしい染色。この2つは神経系の染色で前者は神経膠細胞全体を後者は星状膠細胞を染めます。覚えるのはこれだけなので必ずおさえておこう。
検査技師国家試験対策

プロテイン銀で神経原線維を黒に染める!【 ボディアン 染色】

今回は ボディアン 染色について。この染色は染色結果、プロテイン銀の使用、加温の必要性について聞かれることが多い。この3点以外覚えることはあまり必要がない染色。ただ神経系の染色は覚えにくいので、周辺の知識をこの記事でさらっと見て記憶の定着に使ってください。