ちょっと変わり種脂肪染色【 ズダン黒B 】【 ナイル青 】

ズダン黒B と ナイル青 検査技師国家試験対策

MT・CTのどっとゼブラです。
今回は Sudan black Bズダン黒B 染色と Nile blueナイル青 染色 について。
脂肪染色の中では少し変わり種。
ポイントだけおさえておこう!

脂肪染色の種類と共通点

覚える脂肪染色は4種類です。

  1. Sudan Ⅲ
  2. Oil red O
  3. Sudan black B
  4. Nile blue

この中で Nile blue 以外の1~3には4つの共通点があります。

  1. 無極性色素
  2. 厚めの凍結切片を使う
  3. 染色工程にアルコールを含む
  4. 加温する

今回は脂肪染色の Sudan black Bズダン黒B 染色と Nile blueナイル青 染色を見てみましょう。

ズダン黒B 染色

ズダン黒B 染色の全体像

染色は全体の流れを何となく把握すると理解しやすくなります。
特に脂肪染色は重要です。

サラッとでも見ておきましょう。

  1. 凍結切片作製
  2. 50%エタノール
  3. ズダン黒B染色液 37℃加温
  4. 50%エタノール
  5. ケルンエヒトロート
  6. 色出し
  7. 親水性封入剤で封入

特にこの赤マーカー部分は大事です。

ズダン黒B 染色のポイント

基本的なポイントはズダンⅢオイル赤Oと同じです。

異なる点は染めるものです。

今回の ズダン黒B は下表の8番が違います。
赤ではなく、黒く染まります。
名前に “黒” が入っているのでそのまま覚えましょう。

しかも多くの脂質を染めることができます。

\ズダンⅢとオイル赤Oのポイント/
  1. 色素は無極性色素
  2. 化学的ではなく、物理的に染まる
  3. 切片を厚めに切る
  4. 凍結切片を使用する
  5. 染色工程にアルコールを用いる
  6. 加温する
  7. 親水性封入剤で封入
  8. 中性脂肪を赤く染める
\ズダン黒Bのポイント/
  1. 色素は無極性色素
  2. 化学的ではなく、物理的に染まる
  3. 切片を厚めに切る
  4. 凍結切片を使用する
  5. 染色工程にアルコールを用いる
  6. 加温する
  7. 親水性封入剤で封入
  8. 様々な脂質を黒く染める
    ・中性脂肪
    ・リン脂質
    ・脂肪酸
    ・コレステリン

ナイル青 染色

ナイル青 染色の全体像

ナイル青 染色は特に全体像を把握しなくてもOK。

でも一回見ておくと覚えやすくなるので軽く見ておきましょう。

  1. 凍結切片作製
  2. ナイル青 染色液
  3. 酢酸で分別
  4. 親水性封入剤で封入

ナイル青 染色のポイント

ポイントは次の6つ。

  1. 色素は無極性色素
  2. 化学的ではなく、物理的に染まる
  3. 切片を厚めに切る
  4. 凍結切片を使用する
  5. 親水性封入剤で封入
  6. リン脂質と脂肪酸を青に染める
    中性脂肪とコレステリンエステルを赤く染める

ナイル青染色には以下の2つの色素が入っていると考えられています。
そしてそれぞれ染めるものが違います。

  • ナイル青
    リン脂質と脂肪酸を染める
  • ナイル赤
    中性脂肪とコレステリンエステルを染める

この染色は脂肪染色だということをまず覚えておきましょう。

コメント