染色

検査技師国家試験対策

核酸の染色【 フォイルゲン反応 】【 メチルグリーン・ピロニン 】

この記事では核酸の染色【 フォイルゲン 反応 】と【 メチルグリーン・ピロニン 染色 】をイラスト解説しています。この2つはそこまで覚えるポイントが無いですが、いくつかはあります。そのポイントだけでもイラストで理解してもらえれば嬉しいです。
検査技師国家試験対策

ちょっと変わり種脂肪染色【 ズダン黒B 】【 ナイル青 】

この記事では脂肪染色のズダン黒Bとナイル青について解説しています。この2つはそんなに覚えることがなく、国家試験レベルでは最悪「脂肪を染める」だけ覚えておけばOK。色々イラスト付きで解説しているので教科書をそのまま覚えるより覚えやすくなると思います。
検査技師国家試験対策

これで完璧!脂肪の染色【 ズダンⅢ 】【 オイル赤O 】

今回は ズダンⅢ 染色と オイル赤O 染色について。脂肪染色は共通事項が多いのでまずはそこから覚えると試験対策として効率が良いです。①無極性色素②厚めの凍結切片③染色工程にアルコールを含む④加温する。まずはこの4つを覚えて次にほかのポイントをおさえよう!
検査技師国家試験対策

プロテイン銀で神経原線維を黒に染める!【 ボディアン 染色】

今回は ボディアン 染色について。この染色は染色結果、プロテイン銀の使用、加温の必要性について聞かれることが多い。この3点以外覚えることはあまり必要がない染色。ただ神経系の染色は覚えにくいので、周辺の知識をこの記事でさらっと見て記憶の定着に使ってください。